ヒゲを薄くする抑毛ローション!実際に使ったおすすめをご紹介!

このページでは、長年ヒゲの濃さと青ひげのカッコ悪さに悩んできた管理人が、実際に試した抑毛ローションの中から、ヒゲを薄くする効果を実感したものだけをご紹介します。

  • ひげ剃り後の青ひげがカッコ悪い
  • カミソリ負けの肌が痛い
  • 硬いひげのせいで肌がボコボコになる
  • 濃いヒゲの悩みをとにかく何とかしたい!!

そう思っている人は、まずは抑毛ローションを試してみてください!

抑毛ローションなら自分でも気軽にできるし、値段もそれほどかかりません。そして確実にヒゲを薄くする効果は実感できるはずです。

抑毛ローション比較表【2019年6月最新】

実際に使った抑毛ローションの中から、ヒゲが薄くなったものだけを厳選しました。

それぞれに特徴のある商品なので、ぜひ自分の希望に合った商品を試してみてください!

1位 2位 3位
商品 MONOVO
アフターシェーブローション
プレミアム
アフターシェイブローション
NULL
アフターシェーブローション
抑毛効果 hanamaru
二大抑毛成分の効果で、青ひげ、無精ヒゲ、どんなヒゲも確実に薄くする効果!
nijuumaru
ゴツゴツ肌、不潔感のある無精ヒゲに効果あり
nijuumaru
ツルすべ肌効果とヒゲが濃い人特有のオジサン臭を消す効果あり

(1日2回)
maru
120ml
(1ヶ月)
nijuumaru
150ml
(1ヶ月半)
nijuumaru
150ml
(1ヶ月半)
価格
(税込)
4,968円 5,184円 4,980円
特典 まとめ買いで最大2,900円OFF!! 3本まとめ買いで1本無料プレゼント!! LINE@登録で300円OFF!!
詳細 shousai_01 shousai_01

抑毛効果の比較

ムダ毛を薄くする抑毛効果なら圧倒的にMONOVOです!

「フィリニーブ」「大豆エキス」という抑毛効果のある二大成分配合で、ヒゲを確実に薄くします。

青ヒゲ、無精ヒゲ、ゴツゴツヒゲといった濃いヒゲの悩みは、MONOVOを使えば確実に解消されますよ。

内容量の比較

内容量はプレミアムとNULLが150mlと多いです。

ヒゲだけなら朝晩2回使っても2ヶ月は十分もつ量です。

ヒゲの他に腕・脚・胸・腹といった気になるムダ毛にも使いたいなら量が多いほうがいいかもしれませんね。

値段(価格)の比較

1本の値段はどれもほぼ変わりません。

まとめ買い特典を使うとMONOVOとプレミアムがかなり安く買えますね。

抑毛ローションは、2ヶ月3ヶ月と使い続けることで徐々にムダ毛が薄くなっていくので、本気でヒゲを薄くしたいなら値段が安くなるまとめ買いをおすすめしますよ!

総合的なおすすめNo.1!!

おすすめNo.1の抑毛ローションは「MONOVOアフターシェーブローション」です。

おすすめの抑毛ローション

圧倒的な抑毛効果で、ヒゲがどんどん薄くなっていきます。

肌ケア効果のある成分も配合されているので、ヒゲ剃り負けしやすいデリケートな人でもOK!使うたびにツルスベな綺麗な肌に変化していきます。

まとめ買いで値段が安くなるのも嬉しいサービスです。

濃いヒゲの悩みがあるなら、ぜひ一度抑毛ローションの効果を試してみてください!

\まとめ買い注文で値段が安くなるページはこちら!/

MONOVOアフターシェーブローションはこちらで注文できます

効果のある抑毛ローションの選び方

抑毛ローションを選ぶときは、しっかりとポイントをつかんで選ぶことが重要です。

値段の安さだけで選んだり、短期間で劇的な効果を期待するような選び方はNG。
抑毛ローションは、3ヶ月、半年と使い続けることで効果が発揮されるからです。

抑毛ローションを選ぶ時に大事なのは以下の3つです。

  1. 抑毛効果の高い成分が配合されているか
  2. 浸透力にこだわっているか
  3. 肌ケア効果のある成分が配合されているか

抑毛効果の高い成分が配合されているか

一番大事なのは抑毛効果ですよね。

抑毛効果の高さは、使われている成分で判断できます。

自分でできるムダ毛ケアとして、今一番効果のある成分は「大豆イソフラボン」です。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは女性ホルモンの主成分である「エストロゲン」に非常によく似た成分です。エストロゲンには抑毛効果・ムダ毛を薄くする効果があり、エストロゲンに似た大豆イソフラボンにも抑毛効果があることが明らかになっています。

そのため、大豆イソフラボン(大豆エキス)が配合されているかどうか?がひとつの目安になります。

浸透力にこだわっているか

抑毛効果の次に重要なのが「浸透力」です。

どんなに抑毛効果の高い成分が配合されていても、毛穴の奥に浸透しなければ効果はありません。

市販の抑毛ローションには、抑毛成分を浸透させるために「浸透力を高める成分が配合されている」ものや「ヒゲや毛穴を柔らかくして浸透させやすくする商品」があります。

効果の高い抑毛ローションは、必ず浸透力にもこだわりがあります。

逆に、毛穴の浸透力に触れてない抑毛ローションは選ばないほうがいいでしょう。

肌ケア効果のある成分が配合されているか

不潔感のある濃いヒゲや青ヒゲは、肌の状態が悪いことも原因のひとつです。

ゴツゴツとした肌はヒゲが上手く剃れないので、無精ヒゲや濃い青ヒゲの原因になります。見た目の不潔感も増してしまいます。

また、デリケートな人は濃いヒゲを剃るだけで肌がヒリヒリしたり荒れてしまいます。

こういった肌のダメージは老化を早める原因にもなります。

そのため、肌ケア効果のある成分も抑毛ケアには重要になるんです。

ヒゲ剃り後に塗るだけで、抑毛も肌ケアもできるローション。

これが抑毛ローションを選ぶ時に押さえて欲しいポイントになります。

\3つのポイントを押さえたおすすめ抑毛ローション!/

MONOVOアフターシェーブローションはこちらで注文できます

抑毛ローションの使い方

抑毛ローションも「ただ使えばいい」というわけではありません。

抑毛効果を最大限発揮させるためには、抑毛ローションの使い方もしっかり守る必要があります。

難しいことではないので、ぜひ使う時のご参考にしてみてください。

洗顔後に使う

抑毛ローションは必ず洗顔後に使うようにしましょう。

1日過ごした肌は汚れや皮脂がべっとりついた状態です。特に皮脂が毛穴に溜まりやすく、そのまま抑毛ローションを使っても毛穴の奥に全然浸透していきません。

洗顔して毛穴をキレイにしてから抑毛ローションを使う。

洗顔後の毛穴の開いた状態でローションを使うことで、抑毛成分がしっかり浸透するようになります。

ヒゲ剃り後に使う

抑毛ローションを使う時は、ヒゲ剃り後に使うとより効果的です。

細かいヒゲが生えていると、ローションを塗った時に「塗りムラ」ができてしまいます。毛穴に一番ローションが浸透して欲しいのに、肌表面に出ているヒゲが邪魔で毛穴周りにローションが届かなくなってしまいます。

さらに、肌ケア効果のある抑毛ローションを使えば、ヒゲ剃り後のダメージを受けた肌をケアすることもできます。

ヒゲを剃って塗りムラを無くして肌ケアも同時にする。

ヒゲ剃り後に抑毛ローションを使うことにはそういった効果があります。

押さえつけるように塗る

抑毛ローションを手に取ったら、ゴシゴシ塗ってはいけません。

化粧水を浸透させるときにやるように、肌を押さえつけるようにゆっくりじっくり浸透させていきます。

抑毛ローションの塗り方

グッ、グッ、とゆっくり浸透させるイメージで押さえつけることで、抑毛ローションの抑毛成分がより深く毛穴に浸透していきます。

以上の3つはぜひ実践してみてください。

\当サイトおすすめNo.1の抑毛ローション!/

MONOVOアフターシェーブローションはこちらで注文できます

抑毛ローションのメリット

自分で使う抑毛ローションのメリットです。

自分でひげを薄くすることができる

一番大きなメリットは「自分でひげを薄くするできる」ということです。

今はヒゲを生やすことがオシャレの一つになっているけど、濃すぎるヒゲは生えていてもカッコよくありません。

ヒゲを剃ったあとの「青ひげ」は気持ち悪いという印象さえ与えてしまいます。

脱毛サロンや医療クリニックなどで「ヒゲ脱毛」を受ければヒゲは生えなくなりますが、ヒゲがなくなるまでには長い期間と高額なお金がかかってしまいます。

抑毛ローションを使えば

  • 自分でヒゲ(青ひげ)を薄くすることができる
  • 半年くらいで効果がでる
  • お金もそれほどかからない(半年で1万円くらい)

といったメリットがあります。

もちろん脱毛のようにヒゲが生えなくなるわけではありませんが、濃すぎるという印象がなくなって、青ひげが目立たなくなるくらいヒゲが薄くなります。

毎日塗るだけで簡単

抑毛ローションは、毎日ヒゲ剃り後に塗るだけでヒゲが薄くなっていきます。

抑毛ローションの使い方でも説明したとおり、

  • 洗顔後に塗る
  • ヒゲ剃り後に塗る
  • 化粧水のように押さえつけて塗る

というのを意識するだけです。

日常生活の流れの中で「誰でも簡単に抑毛ケアできる」というのは大きいですね。

同時に肌ケアもできる

ヒゲの濃い男性の肌は

  • ゴツゴツしている
  • 肌が荒れたりニキビができやすい
  • 脂っぽくなりやすい(オイリー肌)

といった傾向にあります。

そういった肌の悩みも同時に解決してくれるのが抑毛ローションです。

特に、男性のヒゲ専用に作られている抑毛ローションは、男性特有の肌の悩みを解決するように開発されているので、ゴツゴツ肌やオイリー肌対策にも力を入れています。

肌の質感というのは見た目にとても大事で、肌がキメ細かく綺麗になることで、ヒゲも目立たなくなるし若々しい印象になるんです。

ぜひそういった「若返り効果」も実感してほしいですね!

\当サイトおすすめNo.1の抑毛ローション!/

MONOVOアフターシェーブローションはこちらで注文できます

抑毛ローションのデメリット

使いやすくて確実に効果のある抑毛ローションですが、デメリットもあります。

すぐに効果がでない(半年くらいかかる)

抑毛ローションを使ってもすぐにヒゲは薄くなりません。

毎日使い続けることで徐々に抑毛効果がでてくるので、ヒゲが薄くなって青ひげが目立たなくなるまで3ヶ月~半年くらいはかかります。

もちろん「脱毛」と比べれば早く結果は出ますが、「使い始めてから1日2日でヒゲが消える!」なんてことはないので注意が必要です。

抑毛効果が出ないうちにやめてしまうのはもったいないので、ぜひ3ヶ月~半年くらいは継続してみてください。

使うのをやめると効果がなくなる

抑毛ローションは、毎日使い続けて効果を維持するものです。

ヒゲ脱毛は一度脱毛するとヒゲが生えなくなります。時間とお金はかかりますが、脱毛したあとはヒゲのケアをする必要がありません。

抑毛ローションは使うのをやめると、徐々にヒゲの濃さが戻っていきます。

つまり、ヒゲを薄く保つためには抑毛ローションを使い続ける必要があります。

ただ、個人的に使っている感想としては、それほど(というか全然)気になりません。

もともとヒゲ剃り後にはシェーブローションを使っていたし、その代わりが抑毛ローションになった感覚です。

ヒゲ剃り後のシェーブローションの代わりに使うだけでヒゲが薄くなって肌もキレイになっていくのだから、使い続けるメリットは十分あると感じていますよ!

\当サイトおすすめNo.1の抑毛ローション!/

MONOVOアフターシェーブローションはこちらで注文できます

>>おすすめ抑毛ローション比較表をもう一度見てみる