あさひWEEKEND BIKESってどうなの?実際に乗って試してみた!

どこの街にもある大型サイクルショップ「サイクルベースあさひ」

量販店的なチェーン店ではありますが、スタッフの知識も豊富で接客も丁寧。クロスバイク初心者の方が初めて行くサイクルショップとしてもお勧めのショップです。

そんなサイクルベースあさひから販売されている、激安クロスバイクが「WEEKEND BIKES(ウィークエンドバイクス)」です。

「どんな場面にも寄り添う自転車」というコンセプトのもと、3万円を切る激安価格で初心者にも購入しやすいクロスバイク

でも、安いのはいいけど、気になるのは走行性能や乗り心地。

実際、10万円台のブランドクロスバイクとはどのように違うのでしょうか?走行性能や乗り心地は?という部分も含めて、実際に乗って確かめてみました。

WEEKEND BIKES(ウィークエンドバイクス)の特徴

weekend bikes

  • 価格:29,800円(税込み)
  • コンポ:SHIMANO TOURNEY Mix
  • ギアの枚数:1✕7
  • タイヤの幅:32C

初心者のためのクロスバイク

あさひのWEEKEND BIKE(ウィークエンドバイクス)は、クロスバイク初心者向けの商品で、クロスバイクに乗るための最低限の装備を揃えたセット商品的な自転車です。

ゴルフで例えるなら、ドライバー・アイアン・パターが揃った初心者向けクラブセットのような位置づけで、ベル、サイドスタンド、リフレクターを標準装備しているのも街乗りを目的とするには嬉しい装備です。

ブランドのクロスバイクにはサイドスタンドやリフレクターはついてないですからね。

自転車単体が安くても、意外とサイドグッズなどでお金を使ってしまうので、文字通り「3万円で乗り出せるクロスバイク」です。

スタイリッシュなカラーリングとフレーム

フレームやカラーリングもスタイリッシュ。

クロスバイクのフォームが際立つ細身のアルミフレームで、ママチャリのような野暮ったいイメージは一切ありません。あくまでも位置づけはクロスバイクです。

走行性能もSHIMANO製1×7段変速を搭載しているので、街乗りでのストップ&ゴーやロングライドでスピードに乗った走りの両方を可能にしています。

英式バルブでママチャリと同じ空気入れが使える

空気を入れるバルブも、クロスバイクには珍しい英式。

クロスバイクには珍しい英式ですが、一般的なママチャリなどと同じバルブですので、今持っている空気入れ(フロアポンプ)がそのまま使えるのも嬉しいですね。

値段も安くて、フレームのフォルムやカラーリングもスタイリッシュなWEEKEND BIKESは、メーカーやブランドなどこだわりがない初心者には、装備も充実していて気軽に購入しやすいという点も含めておすすめできるクロスバイクです。

WEEKDEND BIKESの走行性能

見た目や装備品については申し分なしです。

ここからはウィークエンドバイクスの走行性能のお話し。実際に乗ってみて走行性能と乗り心地を試してみました。

走行性能

ネットなどでWEEKEND BIKES(ウィークエンドバイクス)の評判を調べていると「走行性能がイマイチ」とか「クロスバイク風自転車だ」という評価も少なくありません。

確かに走行性能や一つ一つのパーツをとってみれば、ブランドのクロスバイクには劣るし、攻めの走りをしたときのブレーキングやコーナリングには多少不安を感じます。

でも、値段が違うんだもの、細かい走行性能はブランドの方が上なのは当たり前というもの。

逆に3万円という値段を考えた時に、これほどコストパフォーマンスの良いクロスバイクはなかなか無いと感じました!

  • クロスバイクの軽さを活かした軽快な走り
  • キビキビとしたストップ&ゴー
  • 段差や砂利道も問題ない32Cのタイヤ

ママチャリからの乗り換えなら、あまりの軽さとスピード感に驚くと思いますよ。

カラーリングや細身のフレームフォルム見ても、とても3万円を切るとは思えないクオリティです。

乗り心地

アルミフレームの剛性もしっかりあって、走行時の振動も気になりません。

もちろんこれもカーボンフレームのクロスバイクと比較してしまえば劣りますが、必要十分の剛性でスピードを出しても振動で手がすぐに疲れるということはありません。

標準装備のサドルが、本格的なクロスバイクほど硬くないので、クロスバイク初心者でもお尻の痛さを気にすることなく街乗りやロングライドを楽しめる乗り心地です。

また、ポジションはクロスバイクのような背中が水平に近いライディングポジションも取れるので、スピードに乗る時もラクに加速することが可能です。

WEEKEND BIKESのまとめ

良いところ

  • 軽くて軽快なスピード感
  • しっかり止まるブレーキで挙動が乱れない
  • クロスバイクだけど段差や砂利道も問題なし
  • ベル、スタンド、リフレクターが標準装備
  • 3万円でクロスバイクに乗れる(導入者として文句なし)

イマイチな点

  • 7速ギアの1速、7速はあまり使わない
  • カゴが標準装備ではない
  • ブランドバイクに比べて振動がある

といったところでしょうか。

イマイチな点は、ママチャリやブランドバイクに比べてということであって、例えば振動なども普段乗り、ちょっとしたロングライドなら全然気にならないレベルです。

走行性能・乗り心地の面からも「クロスバイクに乗りたいけど初心者だから導入車がいい」という人にはピッタリの自転車だと思います。

この品質でこの安さを実現できるのは、大型店舗のあさひだからこそだと思っています。

自転車業界は職人気質のところがあります。

その職人気質のこだわりが、自転車の歴史を守り、現代の自転車のクオリティまで高めたことは紛れもない事実です。

ですが、時としてその職人気質がマイナスに働き、安いもの、大量生産されるもの、量販店などを否定する動きが出てくることがあります。そしてそれはとても残念なことです。

クロスバイクに興味がある人にできるだけ購入できる機会が増えるように、馴染みやすいお求めやすい価格のクロスバイクが出てくることは、喜ばしいことだと思っています。

WEEKDEND BIKESは、まさに初心者へのスポーツバイクの敷居を下げた自転車で、お手頃で且つしっかりとクロスバイクの持ち味を出した自転車です。

WEEKEND BIKESには「20インチのミニベロモデル」

WEEKEND_BIKES ミニベロ

タイヤもフレームもサドルも全て白色の「パールホワイトモデル」もあります。

WEEKEND_BIKES パールホワイト

お店に行けば気軽に試乗できるので、ぜひウィークエンドバイクスにまたがってみて、乗り心地やスタイルを確認してみてください。