クロスバイクでお尻が痛くなる!原因と対処法をご紹介します

クロスバイクお尻痛い

クロスバイクやロードバイクなどスポーツバイクに初めて乗る人にとって、お尻の痛みはつきものだと思います。

ちょっとした時間の街乗り程度であれば問題ないかもしれませんが、長い時間・長い距離を走るようになると、ほとんどの人がお尻の痛みを感じるようです。

僕がいつもお世話になっているサイクルショップにも、お尻の痛みを訴えて、改善方法を教えて欲しいというクロスバイク初心者が結構いるそうです。

今回は、クロスバイクでお尻が痛くなる原因と対処方法(改善方法)についてご紹介します。

スポンサーリンク

クロスバイクでお尻が痛くなる原因

一言で言ってしまえば、慣れの部分が大きく影響してくる問題ではあるのですが、それでも毎回お尻や股が痛くなるようだと、せっかくのクロスバイクも楽しくないですよね。

クロスバイクでお尻が痛くなる原因は以下の2つです。

  • サドルの硬さ、形状
  • ライディングポジション(乗ったときの姿勢)

サドルの硬さ、形状

まずはサドルの硬さ・形状によってお尻が痛くなるケースです。

ママチャリなどの一般的な自転車は、サドルの中にクッションになる綿が十分に入っていて、クッション性に優れています。

サドルの形状も、お尻を乗せる面積が広くて力が分散するので、長時間乗せても痛くならないようになっています。

一方クロスバイクのサドルは、走りやすさ・スムーズなペダリング・軽量化が図られていて、一般的な自転車に比べて硬い材質で細い形状をしています。

お尻全体で力を分散させることができないので、体重がお尻の一点に集中しやすくなって痛くなります。

ライディングポジション(乗ったときの姿勢)

また、ライディングポジションもお尻の痛みに大きく影響します。

一般的な自転車であれば、お尻全体が乗るようなポジション(姿勢)になりますが。

一方クロスバイクは体全体でバランスをとるような姿勢にするため、サドルを高く上げます。

サドルが上がると、お尻全体ではなく股付近で乗るようなポジションになるため痛くなります。

スポンサーリンク

クロスバイクでお尻が痛くなるときの対処方法(改善方法)

クロスバイクでお尻が痛くなってしまうときの対処方法をご紹介します。

サドルを下げるのはおすすめしません

まず最初に「サドルの高さを下げる」方法はおすすめしません。

サドルを下げてお尻が乗るような姿勢になることで、短期的にはラクになるかもしれませんが、体重が腰やお尻にかかってしまい腰痛などの原因になってしまいます。

クロスバイクは走りを楽しむ自転車のため、体全体で体重を分散してバランスよく乗るように設計されています。

そのため、安易にサドルを下げてしまうと、クロスバイク本来の颯爽とした走りができなくなるし、体の違う部分を痛めてしまうことにもつながります。

サドルの高さを下げるのは最終手段として、他の方法で解決策を図りましょう。

なお、サドルの適正な高さは以下のページで詳しく解説してあります。

サドルの前後の位置と角度を変える

サドルの前後の位置と角度を変えるのは有効な方法です。

クロスバイクのサドルは、前後の位置と角度を変えることができます。

市販されているクロスバイクのフレームは、当然ですが画一的に作られていて、個人個人の体格に合わせて作られているわけではありません。

基本的なライディングポジションは

「腕とお尻に同じくらいの力がかかるように乗る」

ことです。

それを調整するために、サドルの前後の位置と角度を調節します。

お尻や股が痛くなる人は「お尻側に加重がかかっているケースが多い」ため、サドルの前後の位置や角度を調節して、痛くならないポジションを見つけましょう。

パッド付きインナーパンツを使う

パッド付きインナーパンツも有効な方法です。

ロードバイクのロングライドでは必須アイテムです。

僕自身、街乗りでは使用しませんが、ロングライドでツーリングに行くときはクロスバイクでも必ず使用しています。

ツーリング中にお尻が痛くなると最悪ですからね。

自転車用のパッド付きインナーは、走りの爽快感・ペダリングを邪魔しないように設計されているので、違和感なく長時間走ることができるようになるはずです。

[パールイズミ] コンフォート パンツ 200-3DE メンズ
PEARL IZUMI
パッドが薄くゴワゴワすることなく、目立たないのがポイント!インナーパッド初心者におすすめです!

サドルを変える

サドルを変えるのも有効な方法です。

クッション性の高いサドルに変えるのもひとつの方法ですが、痛くなりにくい設計をされたサドルに変える方がおすすめです。

構造力学的に、力が分散されやすくて痛くなりにくい設計のサドルが販売されています。値段はちょいお高めなのですが、長く使い続けるなら、これを機にいいサドルに変えるのもありです。

良いサドルは乗り心地も走りも全然違いますよ!

SELLE SMP(セラSMP) ハイブリッド カラー サドル HYBRID02-NE ブラック
SELLE SMP(セラSMP)
¥ 8,766(2019/08/18 17:10時点)
クッション性と走りの機能性にすぐれたサドル。お尻が痛くなる人向けに販売されているのでおすすめです!
スポンサーリンク

クロスバイクでお尻が痛くなるときのまとめ

ここまで、クロスバイクでお尻が痛くなる原因と改善方法をご紹介しました。

お尻にかかる力や痛さは個人差があります。体型はもちろん影響しますが、ライディングの微妙なクセみたいなものも影響して、痛くなる人は乗り慣れていても痛くなります。

ライディングのクセを直すのはかなり難しいことです。

それよりも

  • サドルの位置を調整する
  • お尻パッドなどのグッズを使う
  • 機能の優れたサドルに変える

といった方法がすぐに解決できるし、走りの気持ちよさ・乗り心地もよくなって、結果的に走りの幅や楽しさが広がります。

お尻が痛くなる人は、ぜひ今回ご紹介した方法を試してみてください!