冬のゴルフの防寒対策!おすすめの防寒グッズをご紹介

寒い冬のゴルフは大変ですよね。

風は強いし、乾燥するし、何より寒さが厳しい!

ゴルフのラウンドは朝が早く、山間部の寒いところや、海沿い川沿いなど風の通りがいいところが多いです。寒さも余計に厳しくなりますね。

僕も寒さに弱くてついゴルフも足が遠くなりがちですが、この時期のゴルフ場はラウンド料金も安いし、この時期に一回でも二回でも行くことによって、春先からのレベルアップにつながります。

今回は、冬のゴルフの防寒対策について、おすすめの防寒グッズをご紹介します。

>>おすすめの防寒グッズをすぐに見たい方はコチラ

スポンサーリンク

冬のゴルフで防寒が必要な部分

防寒を完璧にするのなら、頭の先から足の先までガチガチに防寒すればいいのですが、そうは言ってもゴルフは全身を動かすスポーツです。

あまり着込みすぎるとスイングにも影響してしまうので、できれば防寒着を着込まないで防寒したいところです。

冬のゴルフの本番ラウンドでは、以下の部分を防寒するだけで寒さを感じずにゴルフに集中することができるようになります。

手(指先)

まず冬の寒さにやられるのが手(指先)です。

右打ちのゴルファーなら、右手は何も着けない素手の状態です。

左手もゴルフグローブを着けてますが、ゴルフグローブはピタッと手に密着する薄手のものばかり。素手よりはマシですが、とても防寒目的にはなりません。

首(首筋)

寒さは首元から入ってきます。

日常生活でもそうですが、暖かいダウンなどで防寒しても、首筋が出ているだけでスースーして全身が寒くなることがあります。

逆に言えば、首筋がしっかり防寒できていれば、そこまで着込まなくても寒さをそれほど感じないで過ごすことができます。

冬の寒い日やスキー場などで、耳が寒さで痛くなった経験はありませんか?

耳あてという防寒グッズがあるように、耳は寒さに敏感です。寒さというか痛さを感じやすい部分なので、耳が出ている状態だと、必要以上に寒さを感じてしまいます。

上半身

暑さ寒さは下半身ではなく上半身で感じるものです。

まあ僕の場合は、下半身も寒さに弱いので防寒対策が必要ですが、たいていの人は上半身さえ防寒できていれば、寒さでかじかむようなことはあまりありません。

スポンサーリンク

ゴルフのおすすめ防寒グッズ

上記の「寒さから守るべき部分」を考慮して、おすすめの防寒グッズをご紹介します。

サーモグローブ

一番におすすめしたいのが「サーモグローブ」です。

両手につける防寒対策のゴルフグローブで、「Therma(発熱)」の名称のとおり、手の熱を逃さず発熱する機能があります。

サーモグローブの中でもおすすめが「ミズノサーマグリップ」

僕自身非常に気に入っている商品で、冬のゴルフでは欠かせないグッズです。

寒さで手がかじかむことがないし、通常のゴルフグローブよりも厚手にできているので、風も通さないし寒さを感じることがありません。

厚手なのでグリップの感覚が気になるかもしれませんが、手のひらの密着するエンボス仕様のおかげで、普通のグローブとそれほど変わることなくゴルフクラブを握ることができます。

普段のグローブと感覚が変わらない。
これがミズノのサーマグリップの気に入ってる理由です。

両手にグローブをつけることについては慣れの問題で、練習場で2、3回練習すれば慣れてきます。そもそも女性は両手にグローブをしてゴルフをすることが多いですからね。

冬にこのグローブをするようになって、手が荒れることもなくなったしスコアが落ちることもありません(笑)それよりも、手や指先の感覚がなくなってグリップ感覚が狂う方が深刻です。

冬の寒さで手が気になる人は、ぜひ一度試して欲しいグッズです。

サーマグリップだけでも大丈夫なのですが、真冬でめちゃくちゃ寒くて指先をとにかく防寒したい!というときには「ミトングローブ」などを使うと完璧です。一時期「石川遼プロ」も使用して流行りました。

ただ、よほどゴルフが上手くない限り、つけたり脱いだりが頻繁になって防寒どころではないので、あまり活躍しないかもです。。。

ネックウォーマー

首筋の防寒対策には「ネックウォーマー」です。

ネックウォーマーなら何でもいいと思うのですが、手袋とは逆にサーモ機能(発熱機能)が無いほうがいいかもです。ネックウォーマーに発熱機能があるとプレー中に逆に暑くて鬱陶しくなってしまいます。

紐がついているタイプなら、鼻やアゴにひっかけて顔の防寒もできるので便利です。

ツバ付きニットキャップ

耳を寒さから守るためには「ツバ付きニットキャップ」です。

「サンバイザー+耳あて」の組み合わせでも防寒できますが、熱は頭から逃げていくので、頭も防寒できると、より寒さを感じなくなります。

ツバ付きにする理由は、グリーン上で使うマーカーをツバに付けておくためです。
普段マーカーをポケットに入れる人は必要ないかもしれませんが、ツバ付きニットキャップの方がファッション的にもゴルフに合ってる気がします。

ウィンドブレーカー(ブルゾン)

上半身は防寒できれば何でもいいのですが、ウィンドブレーカーか防風機能のあるブルゾンがおすすめです。

ゴルフメーカーからは、ダウンの防寒着も販売されているのですが、ダウンを着込んでしまうとスイングが少し窮屈になりがちです。

それで慣れてしまえば問題ないのですが、スイングはできるだけ1年通してなるべく変えたくないので、スイングに影響のないウィンドブレーカーにしたいところです。

ウィンドブレーカーだと寒いかと思うかもしれませんが、中に「サーモ(発熱)素材のインナー+ニットのセーターなどを着ればそれほど寒さは感じません。

さらに、お腹のあたりにインナーの上から貼るホッカイロを貼っておけば、寒さ対策は完璧です。

スポンサーリンク

冬のゴルフの防寒対策まとめ

冬のゴルフは寒さが厳しいですが、要所を抑えて防寒すれば、ストレスなくゴルフに集中することができるはずです。

冬はゴルフのプレー代が安くなるし、他のゴルファーも少なくて伸び伸びプレーできる穴場シーズンです。

ゴルフの上達のひとつは「ゴルフ場に慣れること=ラウンド本番の数をこなすこと」です。

安くて気兼ねなくプレーできる時期を利用して、ぜひゴルフ状態つに励んでください!