女性ゴルファーのクラブセッティングと選び方

渋野日向子プロの活躍を筆頭に、女性プロゴルファーの活躍が尽きないですね。

最近でこそ「女性アマチュアゴルファー」の練習本などが増えてきましたが、それでも男性アマチュアゴルファーから比べるとまだまだ情報量が足りません。

  • どのクラブが女性向けなのか?
  • どのメーカーがいいのか?
  • どのようなクラブセッティングがいいのか?

今回は、女性アマチュアゴルファー向けのクラブセッティングをご紹介します。

スポンサーリンク

女性ゴルファーのクラブの選び方

まず第一に意識したいことが「女性は力があまりない」ということです。

女性は力が弱い(力がない)

基本的に、女性は男性よりも力がありません。

ここでいう「力」というのは全身の筋力のこと。腕力・脚力・体幹、すべてにおいて男性と比べると非力です。細身の男性と比べても「基礎的な筋力」の差があります。もちろん、学生時代に足腰を鍛える運動部に所属しているとか一部の女性は筋力もあるかもしれませんが、男性よりも力がないという事実をまずは理解しましょう。

男性と同じクラブはNG

そうなると「男性と同じ重さのクラブセッティングはNG」ということが絶対になります。

男性と同じクラブ、たとえばアイアンをスチールシャフトにするといったセッティングはかなりオーバースペックです。クラブに振り回されてしまってまともなスイングができません。スイングプレーンがブレてしまい、どんなに練習しても上手くなることはないでしょう。

女性アマチュアゴルファーのクラブ選びは「軽いクラブを選ぶ」が基本になります。

スポンサーリンク

女性ゴルファーのクラブセッティング

軽いクラブを選ぶことが基本とすればあまりメーカー(ブランド)にこだわる必要はありません。

もちろんクラブフェースの広い、狭いなど難易度は選ぶ必要がありますが、スイング自体の確認は「力を入れずに軽く振れるゴルフクラブ」を第一候補としてください。

アイアンはカーボンシャフトが絶対

アイアンについては、絶対にカーボンシャフトを使用しましょう。
スチールシャフトのような重さのあるアイアンでは、まずボールは上がりません。

アイアンは飛ばすクラブではなく、番手通りの距離・高さを出すクラブです。

番手通りの距離がでるからピンそばにボールを落とせる。番手どおりの高さが出るから転がせる・上から落として止めることができる。こういった基本を出すためには、女性ゴルファーはカーボンシャフトじゃないとクラブを操ることができません。

ユーティリティーを中心に揃える

クラブセッティングについて、女性アマチュアゴルファーの場合は「積極的に5番、6番アイアン相当のユーティリティ」を使用しましょう。

まず、5番アイアンは絶対に必要ありません。5番アイアンは男性でも使いこなすことが難しいクラブだと思っています。5番で力強く吹け上がるショットを打つアマチュアをあまり見たことがありません。僕も5番アイアンは使わず5番相当のユーティリティを使っているくらいです。

また、6番アイアンも6番相当のユーティリティにしましょう。
無理して5番6番アイアンを使っても絶対にゴルフは上手くなりません。

最近のユーティリティは、簡単にボールが飛んで番手通りの高さと止まるボールが打てるので、ぜひユーティリティを積極的に使ってください。

ユーティリティの方が難しいという方はこちらを参考にしてください。
参考 >>フェアウェイウッドやユーティリティでのチョロやダフリを克服する方法

上記のことを注意した「女性アマチュアゴルファーのクラブセッティング」は以下のようになります。

  • ドライバー
  • フェアウェイウッド:5番、7番
  • ユーティリティ:5番、6番
  • アイアン:7番~9番
  • ウェッジ:PW、AW、SW
  • パター

上記12本が基本です。
場合によっては3番ウッドを使用してもいいと思いますが、ドライバーとそれほど変わりがないのであれば入れなくても良いと思います。

スポンサーリンク

女性ゴルファーのクラブセッティングのまとめ

ここまで、女性ゴルファーのクラブの選び方とクラブセッティングを説明しました。

ゴルフはボールととにかく飛ばすスポーツではありません。番手どおりの距離と高さを出してピンを狙うスポーツ、できるだけ打数を少なく18ホール回るスポーツです。

いつも同じようなミスの少ないショットをするためには、安定したブレないスイングプレーンが必要です。クラブに振り回されず安定したスイングプレーンには、体に無理のない軽さのクラブを選ぶが絶対条件です。

ぜひこのことを考慮して自分の力に合ったクラブを選んでみてください。