ピーリングで青ひげはなくなるのか?実際にやってみた効果をご紹介!

青ひげピーリング

青ひげを消す方法を調べていると「ピーリングで青ひげが薄くなる」という情報を目にすることがあります。

青ひげは男性だけじゃなくて女性も困っている人は多いです。ピーリングで青ひげを消すことができるなら、青ひげ対策として取り組んでいきたいですね。

今回は、ピーリングとはどういう効果があるのか?実際にピーリングで青ひげがどうなるのか?消えるのか?薄くなるのか?といったことをご紹介します。

ピーリングとは?

ピーリングとは、英語のpeel(剥ぐ・剥ぎ取る)という単語からきた言葉で、美容コスメの言葉としては「古い角質を取り除いて、肌のターンオーバーを正常化させること」です。

女性の美容ジャンルではよく聞く言葉で、ピーリングすることで

  • シミ・くすみがなくなる
  • 肌にハリと潤いが蘇る
  • 肌が健康的になる

といった効果があります。

上記のように本来の目的は「肌ケア・若返り」ですが、ここでは「古い角質を取り除くことで青ひげが薄くなるのか?」といった効果についてまとめていきます。

ピーリングの種類

ピーリングには大きく分けて2種類あります。

  1. 酸を使って角質を溶かす「ケミカルピーリング」
  2. レーザーやソルトを使って物理的に剥がす「ピーリング」

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

「酸を使って角質を溶かす」というと何だか怖い感じもしますが、全く怖いものではありません。

自宅でも使える「ピーリング石鹸」や「ピーリングジェル」は、クエン酸、リンゴ酸、グリコール酸など天然由来の刺激の弱い酸を使用します。フルーツ酸とも呼ばれますが、1回で角質が溶けるわけではなく、使い続けることで徐々に角質を落としていきます。

これらの酸は「アルファヒドロキシ酸(AHA)」と呼ばれていて、ケミカルピーリングの中でも安全なピーリングです。

一方、BHA(ベータヒドロキシ酸)と呼ばれる酸を使うケミカルピーリングは、角質を溶かす効果は高いですが、ピーリング作用が強くて肌をかなり傷めます。こちらのイメージがあるので「ピーリング=危険」という情報があるのかもしれません。

ですが、市販のピーリング用品のほとんどがピーリング作用が弱くて安全な「AHA」なので、副作用や肌荒れなどを心配する必要はありません。

物理的なピーリング

物理的なピーリング

物理的なピーリングは、レーザーなどで角質を直接削り取る方法で「医療資格のある美容整形クリニック」で扱います。

物理的ピーリングはセルフではできません。

レーザーピーリングの精度は高く、狙った角質の層だけを確実に削ることができます。

そのため以下のような確実な効果があります。

  • 肌のターンオーバーを正常化
  • 毛穴の黒ずみを除去
  • シミ・くすみ・そばかすを除去

ピーリングで青ひげが消えるのか?

ここからは「ピーリングで青ひげは消えるのか?」についてご紹介します。

ケミカルピーリングと青ひげ

自宅でできるピーリングには「ピーリング石鹸」があります。
ピーリング石鹸で毎日洗顔することで、顔のくすみやシミが薄くなっていく効果があります。

結論から言うと、ケミカルピーリング(ピーリング石鹸)では青ひげは薄くなりません。

ピーリングは角質を落とすためのものです。イメージとしては、肌表面の皮膚を薄くうす~く剥がすことです。

ですが、青ひげは毛穴に残ったヒゲが原因です。毛穴に残った黒くて太いヒゲが、皮膚を通すと青くみえるので「青ひげ」となって顔が青くなります。

つまり、肌(皮膚)の色が青くなっているわけではないので、ピーリングで角質を落としても意味がありません。またピーリングでは毛穴のヒゲを落とすことはできません。

だからピーリングは青ひげに効果がないんです。

僕も実際にピーリング石鹸で顔を洗っていた時期がありますが、顔が明るくなったような気はしましたが、青ひげが薄くなることはありませんでした。

物理的なピーリングと青ひげ

レーザーなどの物理的なピーリングでは、青ひげが消えることもあります。

というのも、青ひげは毛穴に残ったヒゲが青くみえることが原因ですが、人によっては稀に肌のくすみやシミが青く見える場合があります。この場合は物理的なピーリングが効果を発揮します。

レーザーピーリングによって、しみ・くすみを落とすと青ひげも消えるかもしれません。ヒゲはそれほど濃くないのに、肌が青く見える・一部が黒く見えるという人は、レーザーピーリングなら検討してみてもいいかもしれません。

但し、毛穴に残るヒゲが青ひげの原因なら、ケミカルピーリングと同じくレーザーピーリングでも青ひげを無くすことはできません。

青ひげを薄くする方法

ピーリングでは青ひげは薄くならない。

では、青ひげを薄くする方法はないのか?

というと、青ひげを薄くする方法はあります。

それが以下の2つの方法です。

  1. 抑毛ローションでヒゲを薄くする
  2. ヒゲ脱毛でヒゲをなくす

抑毛ローションでヒゲを薄くする

自分でできる青ひげ対策としては「抑毛ローションを使う方法」があります。

抑毛ローション

抑毛ローションとは、ムダ毛の生成を抑える成分が配合されたローションのことです。

抑毛ローションを毎日使うことで、成分が毛穴から浸透していって、ヒゲの生成を徐々に抑えて細く薄くなっていきます。ヒゲが細く薄くなることで、青ひげも目立たなくなっていきます。

ヒゲが生えなくなるわけではありませんが、青ひげが薄くなる効果は確実です。

男性用のメンズコスメとしていろんな商品が販売されていますが、当サイトでは抑毛効果・値段・使いやすさといって点から以下のページでおすすめ商品をご紹介しています。ぜひご参考にしてみてください。

ヒゲ脱毛でヒゲをなくす

最も確実に青ヒゲを消す方法は「ヒゲ脱毛でヒゲを無くすこと」です。

青ヒゲを消すヒゲ脱毛

青ヒゲの原因となるヒゲそのものを無くすので、当然ながら青ヒゲは完全に消えます。

ヒゲの生えてない周りの肌と同じ色になるので、見た目も違和感なく青ヒゲのないカッコいい状態になります。

特に、クリニック系の医療脱毛ならヒゲの永久脱毛ができるので、一度脱毛すればヒゲはずーっと生えない状態になります。つまりこの先青ヒゲになることもずーっと無くなるというわけです。

また、青ヒゲが濃い人はヒゲ自体が濃くて、毎日のヒゲ剃りが煩わしかったり、ヒゲ剃り後のヒリヒリした痛みに悩んでいる人も多いです。

ヒゲ脱毛でヒゲがなくなると

  • 毎日のヒゲ剃りがなくなる
  • カミソリ負けの痛みもない
  • 肌が荒れないのでキレイな肌になる
  • 見た目も若く見られるようになる

といったメリットがあります。

ヒゲが生えなくなるので「ヒゲをかっこよく生やしたい」ということはできなくなりますが、青ヒゲや濃いヒゲで悩んでいる人は、とにかくヒゲの悩みをなくしたいですよね?

青ヒゲを確実に消してカッコいい見た目を手に入れたいなら、ヒゲ脱毛がおすすめです!

ピーリングと青ヒゲのまとめ

今回はピーリングの青ヒゲを消す効果と、その他の青ヒゲ対策をご紹介しました。

結論を言うと、ピーリングでは青ヒゲは消せません。

青ヒゲを消すには

  • 抑毛ローションで地道にケアする
  • ヒゲ脱毛でヒゲをなくす

といった方法しかありません。

個人的には「手軽にできる抑毛ローションで試した後に、それでも完全に青ヒゲ(濃いヒゲ)を消したくなったらヒゲ脱毛をする」といった流れが一番いいと思ってます。