子供が毛深い原因は親の体質?子供のムダ毛の原因と薄くする方法

子供が毛深い原因

自分の子供が毛深いと心配になりませんか?

もちろん気にしない人もいるし、男の子だったら毛深くても大丈夫なのかもしれません。

でも女の子なら、できればムダ毛は無い方がいいし、子供のときに毛深いとからかわれたりいじめの原因になるケースもあります。

子供が毛深くなる原因ってなんでしょうか?
毛深い子供のムダ毛を何とかする解決法はあるのでしょうか?

子供が毛深くなる原因

子供が毛深くなる原因は主に以下の3つです。

  • 親からの遺伝
  • 体の防衛本能(幼児期)
  • 多毛症などの病気

親からの遺伝

ひとつの原因はやっぱり遺伝です。

子供の毛深さは親からの遺伝でほぼ決まります。

もちろん、ストレスや生活環境の変化で後天的に毛深くなることもあります。両親のどちらかが毛深くなければ子供もそれほど毛深くないケースもあります。

ですが、基本的に親が毛深ければ子供も毛深くなります。
また、親以上に毛深くなることもあります。

食べ物なども関係していると言われますが、子供のうちの体毛の濃さに食事などは関係しません。つまり食事など「何かに注意すればムダ毛が薄くなる」ということはありません。

体の防衛本能(幼児期)

生まれたばかりの赤ちゃん~3歳くらいまでは、毛深くなりやすいです。これは、体の防衛本能が働いているからです。

生まれたばかりの子供の肌は、デリケートで外部からの刺激に非常に弱い状態です。その弱い状態を守るためにムダ毛を濃くして体を守ります。

3歳を過ぎたころから徐々にムダ毛は薄くなってくるので、それまでは毛深くても様子を見てもよいでしょう。

ただ、3歳を過ぎて幼稚園・小学生になってもムダ毛が濃い状態なら、その子は毛深いです。

多毛症などの病気

あまりに毛深いときは「多毛症」などの病気を疑った方がいいかもしれません。

多毛症はホルモンの病気です。
ホルモンバランスが異常になって、極端に男性ホルモンが偏ると発症します。

ホルモンバランスの乱れは毛深いだけではありません。

  • 極度の肥満
  • 脱毛症
  • 月経異常

など、ほかの重い病気を併発する恐れもあります。

他の子供と比べてあまりにも毛深すぎるときは、病院の皮膚科や小児科で診察してもらった方がいいでしょう。

子供の毛深さを判断する年齢

多くの親が困るのが「子供が毛深いのかどうか何歳までで見極めればいいのか?」ということ。一時的なものなのかこの先ずーっと続くのかわからなくて悩む人が多いです。

また、ひと言で「子供が毛深い」といっても、それは何歳くらいからなのか?生まれたばかりの赤ちゃんでも毛深いとかあるのでしょうか?

赤ちゃんではわからない

生後間もない赤ちゃんでは、本当に毛深いかどうかわかりません。

先ほども説明したとおり、赤ちゃんは毛深くなりやすい(もともと毛深い)からです。

生まれてからの外部の刺激から守るため、赤ちゃんはもともと毛深くなります。

また、赤ちゃんは体が小さく肌の表面積が狭いです。肌の表面積が狭いのに毛穴の数はそれほど変わらないため、どうしても毛深く見えてしまうんです。

赤ちゃんのうちの毛深さが落ち着くのが、だいたい3歳くらいまでです。幼児期は多少毛深くてもそれほど気にする必要はありません。

生後間もない赤ちゃん~3歳くらいまでは心配しなくてよい

3歳~5歳で体毛の濃さは決まる

毛深さ(体毛の濃さ)は3歳から5歳くらいで決まります。

5歳を過ぎて小学生になってもムダ毛が濃い状態なら、その子は毛深いです。

この頃になっても毛深いと、残念ながらその後ムダ毛が薄くなることはあまりありません。もし親として心配になったり子供が気にするようなら、早めにムダ毛ケアをしてあげてください。

子供が毛深い(ムダ毛が濃い)状態とは

「子供が毛深い」といっても、具体的にどういう状態なのでしょうか?

具体的には以下のようなことで判断します。

  • 腕・脚・背中・額にうぶ毛が生えている状態
  • 鼻の下や眉間にも生えていて、うっすら黒く見える状態

5歳を過ぎて小学生にもなると、腕・脚・背中などにはうぶ毛は残りません。

鼻の下・眉間・額に残ることはありますが、うっすら黒く見えるような状態は毛深いと言えます。

子供のムダ毛を薄くするケア方法

最近では、子供のムダ毛ケアも当たり前になってきています。生活レベルが向上して、昔より小さいうちからキレイにしておく習慣が普通になってきたからかもしれませんね。

子供のムダ毛を薄くする方法として「家庭用脱毛器」を使う方法や「キッズ脱毛」に通う方法がありますが、正直あまりおすすめしません。肌の負担を考えるとデリケートな子供の肌に脱毛は強すぎると考えているからです。

最終的に脱毛を考えるとして、まずは「ムダ毛をを薄くできる抑毛ケアローション」を使ってみましょう。肌への負担も少なく、子供のムダ毛程度なら確実に薄くする効果があります。

ここでは「子供のムダ毛ケアに使って大丈夫な商品」をご紹介します。

パイナップル豆乳ローション

ムダ毛ケアといえばコレ!というほど有名で実績のある抑毛ローションです。

大豆から抽出した「大豆イソフラボン」の効果で、ムダ毛を細く薄くしていきます。
さらにパイナップルエキスの浸透力を利用して毛穴の奥深くの毛根に作用するので、生えてくるムダ毛も薄くなっていきます。

大人の女性に人気の商品ですが、同時に子供にも使える商品として「親子でムダ毛ケア」するために買うリピーターも多い商品です。


内容量100mlは、親子で1日2回手足に使って約1ヶ月分の量です。

当サイトからも一番売れている商品で、下記公式ページから購入すれば「初回半額の1,250円で買える」という特典がついてます。子供のムダ毛ケアを考えるなら、まず使って欲しい商品です。

価格 2,500円(税抜) 内容量 100ml
返金保証 30日間の保証あり 特典 半額サービス

初回半額!1,250円で購入できるパイナップル豆乳ローションの販売サイトはこちら

コントロールジェルME

こちらも抑毛ローションとして人気のある商品です。

全国200店舗を展開する大手エステサロンも使用しているローションで、そのムダ毛ケア効果は折り紙つき。天然植物成分を主成分としているので、敏感肌・デリケートな子供の肌にも安心して使える商品として実績があります。


こちらも親子で全身のムダ毛ケアに使える商品なのですが、商品の値段が少し高いのがネックです。でもその分、ムダ毛ケア効果は確実に作用しますよ!

価格 6,463円(税抜) 内容量 150ml
返金保証 60日間の保証あり 特典 半額サービス

初回25%OFF!4,907円で購入できるコントロールジェルMEの販売サイトはこちら

ディミヌ(dim.)

こちらは口周りのひげや顔のうぶ毛対策のクリームタイプの抑毛ローションです。

口周りのうぶ毛、おでこや頬のうぶ毛に悩む女性は多いです。と同時に、子供も毛深くなりやすいのが顔全体のうぶ毛です。

ディミヌは顔専用のクリームなので、肌荒れなどの心配がなくて安心・安全。うぶ毛を細く薄くする効果がありながら、肌をツルンとキープする肌ケア効果もあるので、美容を気にする女性・子供に人気の商品でもあります。

こちらは顔専用であり価格も少し高いですが、抑毛効果は確実に実感できる商品です。

価格 4,528円(税抜) 内容量 20g
返金保証 14日間の保証あり 特典 半額サービス

初回半額!2,676円で購入できるディミヌ(dim.)の販売サイトはこちら

子供が毛深い原因と対策のまとめ

ここまで、子供が毛深い原因とムダ毛を薄くする方法をご紹介しました。

子供の毛深さはやっぱり遺伝。赤ちゃんの頃は毛深いのも当たり前ですが、3~5歳になり小学生になってもうぶ毛が目立つのは毛深い証拠です。

毛深いからといって体に悪いわけではありませんが、今は子供も美容を気にする時代。とくに女の子なら周りの子より毛深いというのはものすごくコンプレックスになることです。

ぜひ、今回ご紹介した抑毛ローションで対策してください。肌にも安全で、安心お手軽に試すことができるのが抑毛ローションの利点です。子供のうぶ毛なら効果もしっかり現れるはずですよ!

家庭用脱毛器やキッズ脱毛など他のムダ毛対策が見たい方はこちらも参考にしてみてください。
>>毛深い子供のムダ毛対策!家でもできることからオススメの脱毛サロンまで