子供が毛深い原因は親の体質?子供のムダ毛の本当の原因

子供が毛深い原因

自分の子供が毛深いと心配になりませんか?

もちろん気にしない人もいるし、男の子だったら毛深くても大丈夫なのかもしれません。

でも女の子なら、できればムダ毛は無い方がいいし、子供のときに毛深いとからかわれたりいじめの原因になるケースもあります。

子供が毛深くなる原因ってなんでしょうか?
毛深い子供のムダ毛を何とかする解決法はあるのでしょうか?

子供が毛深くなる原因

子供が毛深くなる原因は主に以下の3つです。

  • 親からの遺伝
  • 体の防衛本能(幼児期)
  • 多毛症などの病気

親からの遺伝

ひとつの原因はやっぱり遺伝です。

子供の毛深さは親からの遺伝でほぼ決まります。

もちろん、ストレスや生活環境の変化で後天的に毛深くなることもあります。両親のどちらかが毛深くなければ子供もそれほど毛深くないケースもあります。

ですが、基本的に親が毛深ければ子供も毛深くなります。
また、親以上に毛深くなることもあります。

食べ物なども関係していると言われますが、子供のうちの体毛の濃さに食事などは関係しません。つまり食事など「何かに注意すればムダ毛が薄くなる」ということはありません。

体の防衛本能(幼児期)

生まれたばかりの赤ちゃん~3歳くらいまでは、毛深くなりやすいです。これは、体の防衛本能が働いているからです。

生まれたばかりの子供の肌は、デリケートで外部からの刺激に非常に弱い状態です。その弱い状態を守るためにムダ毛を濃くして体を守ります。

3歳を過ぎたころから徐々にムダ毛は薄くなってくるので、それまでは毛深くても様子を見てもよいでしょう。

ただ、3歳を過ぎて幼稚園・小学生になってもムダ毛が濃い状態なら、その子は毛深いです。

多毛症などの病気

あまりに毛深いときは「多毛症」などの病気を疑った方がいいかもしれません。

多毛症はホルモンの病気です。
ホルモンバランスが異常になって、極端に男性ホルモンが偏ると発症します。

ホルモンバランスの乱れは毛深いだけではありません。

  • 極度の肥満
  • 脱毛症
  • 月経異常

など、ほかの重い病気を併発する恐れもあります。

他の子供と比べてあまりにも毛深すぎるときは、病院の皮膚科や小児科で診察してもらった方がいいでしょう。

子供の毛深さを判断する年齢

多くの親が困るのが「子供が毛深いのかどうか何歳までで見極めればいいのか?」ということ。一時的なものなのかこの先ずーっと続くのかわからなくて悩む人が多いです。

また、ひと言で「子供が毛深い」といっても、それは何歳くらいからなのか?生まれたばかりの赤ちゃんでも毛深いとかあるのでしょうか?

赤ちゃんではわからない

生後間もない赤ちゃんでは、本当に毛深いかどうかわかりません。

先ほども説明したとおり、赤ちゃんは毛深くなりやすい(もともと毛深い)からです。

生まれてからの外部の刺激から守るため、赤ちゃんはもともと毛深くなります。

また、赤ちゃんは体が小さく肌の表面積が狭いです。肌の表面積が狭いのに毛穴の数はそれほど変わらないため、どうしても毛深く見えてしまうんです。

赤ちゃんのうちの毛深さが落ち着くのが、だいたい3歳くらいまでです。幼児期は多少毛深くてもそれほど気にする必要はありません。

生後間もない赤ちゃん~3歳くらいまでは心配しなくてよい

3歳~5歳で体毛の濃さは決まる

毛深さ(体毛の濃さ)は3歳から5歳くらいで決まります。

5歳を過ぎて小学生になってもムダ毛が濃い状態なら、その子は毛深いです。

この頃になっても毛深いと、残念ながらその後ムダ毛が薄くなることはあまりありません。もし親として心配になったり子供が気にするようなら、早めにムダ毛ケアをしてあげてください。

子供が毛深い(ムダ毛が濃い)状態とは

「子供が毛深い」といっても、具体的にどういう状態なのでしょうか?

具体的には以下のようなことで判断します。

  • 腕・脚・背中・額にうぶ毛が生えている状態
  • 鼻の下や眉間にも生えていて、うっすら黒く見える状態

5歳を過ぎて小学生にもなると、腕・脚・背中などにはうぶ毛は残りません。

鼻の下・眉間・額に残ることはありますが、うっすら黒く見えるような状態は毛深いと言えます。

子供のムダ毛を薄くするケア方法

最近では、子供のムダ毛ケアも当たり前になってきています。

生活レベルが向上して、昔より小さいうちからキレイにしておく習慣が普通になってきたからかもしれませんね。

ここでは、子供のムダ毛を薄くするケアの方法をご紹介します。

抑毛ローションでムダ毛ケア

お手軽簡単にできるムダ毛ケアが「抑毛ローション」です。

抑毛ローションとは、ムダ毛の働きを抑える成分が配合されたローションです。

肌に毎日塗ることで毛穴に浸透して、ムダ毛の生成を抑えてムダ毛を細く薄くする効果があります。

抑毛ローションの中には「親子で使えるムダ毛ケア商品」として売っているものがあって、子供対応のローションなら肌にも優しくて安心して使うことができます。

パイナップル豆乳ローション
こちらは抑毛ローションで有名な「パイナップル豆乳ローション」という商品です。

大人のムダ毛ケアローションとして人気のある商品ですが、子供と一緒に使うことができる肌への優しさ・肌ケア効果があり、子供のムダ毛ケア対策としても人気があります。

ムダ毛がまったく生えなくなるわけじゃないけど、毛深い子供には効果的で、薄く目立たない程度に細くなっていきますよ。

お金もあまりかからず家庭で簡単にできるのがいいですね。

初回の購入が半額!パイナップル豆乳ローションの販売サイトはこちら

家庭用脱毛器で脱毛する

家庭で簡単に、、というと「家庭用脱毛器」もおすすめです。

子どもの肌に脱毛って大丈夫なの?と思うかもしれないけど、家庭用脱毛器は万が一にも肌にトラブルがないように細心の注意と安全性が考慮されて作られています。今は家庭用脱毛器でムダ毛やうぶ毛をケアする小中学生は多いです。

有名な家庭用脱毛器はいくつかあるのですが、当サイトでおすすめしたいのは脱毛ラボが販売している「脱毛ラボHomeEditionという商品です。

  • 脱毛ラボで使用している脱毛器の脱毛力がそのまま
  • 家庭用なので肌に優しく安全・安心
  • 簡単操作で使いやすい

といった点がおすすめポイントです。

家庭用脱毛器として販売されている他の商品は脱毛力が弱いものが多いです。そのため、何回も脱毛を繰り返す必要があったり思うようにムダ毛が薄くならないケースもあります。

脱毛ラボHomeEditionは、実際のお店で使用されている脱毛器並みの脱毛力があるので確実にムダ毛やうぶ毛を薄くしてくれます。家庭用設計なので肌にも優しくてトラブル等も一切なし。安全・安心に使うことができます。面倒な操作も必要なく簡単に使えるので、家庭で気軽に脱毛できるのが特徴です。

家庭で簡単に子どものムダ毛ケアをしたいのなら、家庭用脱毛器もおすすめですよ!

お得なキャンペーン中!脱毛ラボHomeEditionの販売サイトはこちら

キッズ脱毛で脱毛する

大人の脱毛は一般的になってますよね。
男性の「メンズ脱毛」も人気があって、ムダ毛ケアの人気がわかります。

女性脱毛のお店では「キッズ脱毛」という子供専用の脱毛サロンがあります。

どこが子供専用かと言うと

  • デリケートな子供の肌にも優しい
  • 痛くない

といった部分に配慮されています。

大人の女性の脱毛のように、脱毛後に肌が赤くなったりすることもありません。

子供のデリケートな肌を考えて、安全・安心第一に考えられています。

抑毛ローションとは違って、脱毛すればムダ毛が生えなくなります。

ムダ毛が濃くて毛深い子でも、ムダ毛やうぶ毛のないキレイなツルツルな肌になります。

抑毛ローションとは違って脱毛サロンに通う手間がかかるし、お金もかかります。脱毛機を使うので親の同意も必要になります。

キッズ脱毛で有名なサロンは「Dione(ディオーネ)」という脱毛サロンです。

キッズ脱毛のディオーネ

「ダメージゼロの脱毛」を売りにしていて、肌へのダメージ・痛みがゼロ。もちろん脱毛効果はしっかりあります。

また、保護者である親も体験脱毛できるのが良い点です。子供に脱毛する前に効果とか痛みを把握できるのは安心なことだから。

  • お店の確実な技術で安全に脱毛させたい
  • 毛深いムダ毛・うぶ毛を生えなくさせたい
  • 肌に優しくてツルンとした見た目の肌にさせたい

こういった希望を叶えてくれるのがキッズ脱毛です。

今なら7,000円で体験脱毛ができるキャンペーン中なので、お得に試すことができますよ!

体験キャンペーン実施中!Dione(ディオーネ)の詳細はこちら