GIOS AMPIO(ジオス アンピーオ)はカッコいい!特徴と試乗した感想をご紹介

先日のよく晴れた日に、お世話になっているサイクルショップが主催する「ロングツーリング&試乗会」に参加してきました。

参加者それぞれクロスバイク、ロードバイクを持ち寄り、基本はロングライドを楽しむのですが、途中でお昼を食べたり、お互いの自転車に乗ったりと、なかなか楽しい催しなので、参加できる時はできるだけ参加しています。

今回はクロスバイク中心のメンバーになるとのことでしたので、僕も愛車「Bianchi CAMALEONTE(ビアンキ カメレオンテ)」で参加してきました。

僕のビアンキは、先日ご紹介した「シマノクリッカー」のペダルとシューズだったため、なかなか人気を博しました(笑)

そんな中、僕が目を奪われたのは「GIOS AMPIO(ジオス アンピーオ)」

その鮮やかなジオスブルーに魅了されてしまいました。

スポンサーリンク

ジオスアンピーオの特徴

  • 価格:79,000円(税抜き)
  • コンポ:SHIMANO SORA Mix
  • ギアの枚数:2✕9
  • タイヤの幅:25c

ジオスの特徴と言えば「細身の青いクロモリフレーム」です!

シャープなクロモリフレームが秀逸!

細身のクロモリフレームは、オシャレというよりカッコイイの一言。

シャープなデザインによく合うジオスブルーが本当に鮮やかで、晴れた太陽の下で一際輝いて見えました。

私のカメレオンテのチェレステカラーも、他にはない爽やかな水色で気に入っているのですが、シャープなクロモリフレームを引き立てる色の濃いジオスブルーは本当にいいですね。

車体も意外と軽い

クロモリフレームというと「アルミやカーボンより重い」というイメージがあったのですが、実際は全然そんなことなく意外と軽い印象でした。

走りでも、実際に持ってみても重たいという印象はありません。

単純に素材自体を比較すればアルミやカーボンよりも重いのかもしれませんが、美しさと機能性を保持しながら長年の技術で軽量化を図っているのでしょうね。

スポンサーリンク

ジオスアンピーオを実際に乗ってみた感想(試乗)

試走会では、実際にジオスアンピーオに乗って走ってみました。

しなやかさと硬さを併せ持つ走り

実際に乗った印象は「しなやか、かつ硬さのある走り」です。

剛性を抑えたクロモリフレームのしなやかなさと、若干硬さの残る走りがちょうどよく、操作性がよいのも走っていて気持ちいいです。※剛性については「抑えざるを得ない」という表現が正しいのですが、フレームに関しては、以下のページをご参照ください。

参考 クロスバイク初心者向きのフレーム素材は?

ただ、スピードを出して走ったときのブレはカーボンやアルミに劣るな、と感じました。

普通の街乗りレベルなら違いもわからないし全然問題ないのですが、クロスバイクを本格的に乗るような人がガッツリスピードを出したときは、車体のブレが気になると思います。その点はカーボンフレームである「TREK FX」の方が上でしょう。

街乗りでオシャレに乗りこなすためのクロスバイク。

といった印象でしょうか。

走る姿がカッコいい!

走っている姿はとにかくオシャレでカッコいい!

シャープなフレームが軽快感を生み出していて、太めのフレームの自転車のような「見た目もったり」とした印象がありません。鮮やかなジオスブルーの効果もあるのでしょうね。

単純にクロモリフレームを選ぶのであれば「BASSO LESMO(バッソ レスモ)」などの方が評判はいいのですが、やっぱり見た目も大事、第一印象も大事。

パッと見て、ジオスブルーの鮮やかさ、直線的なシャープなフレームの美しさに目を惹かれますね。こういった見た目の美しさ・カッコよさは長く乗り続けるには一番大切なことだと感じています。

サードバイクとして「GIOS AMPIO(ジオス アンピーオ」がめちゃくちゃ欲しくなる、そんなロングライド&試乗会でした。