ミニベロ初心者におすすめ!GIANT IDIOM(イディオム)は安くて高性能!

自転車界の巨人、GIANT(ジャイアント)から販売されているミニベロシリーズの1台「IDIOM 1(イディオム)」

ジャイアント イディオム

イディオムは

  • ドロップハンドル型(ロードバイク型)モデル「IDIOM 0」
  • フラットハンドル型(クロスバイク型)モデル「IDIOM 1」

がありますが、特にご紹介したいのはエントリーモデルの「IDIOM 1」

実際に乗ってみた感じ、

安定した高速性能を実現しての10万円を切る値段はさすがジャイアント!

といった感想です。

さらに、ハンドルが畳める携行性の良さも魅力のひとつです。

このページでは、ミニベロ初心者におすすめしたいGIANT IDIOM(ジャイアント イディオム)のメリット・デメリットをくわしくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

GIANT IDIOM(ジャイアント イディオム)のメリット

ミニベロというと、どちらかと言えば自転車そのものを楽しむ印象ですが、ジャイアントのイディオムはロードバイクのような「軽くて速い疾走感」が味わえるのが特徴です。

とにかく軽くて速い

イディオムは、ミニベロとは思えないくらい速くて軽いのが最大の魅力です。

イディオムの軽くて速い秘密は、超細身のタイヤと軽量アルミで実現している車体の軽さです。

ジャイアントのロードバイクで培った技術が反映されていて、細身の20インチタイヤと軽量アルミフレームの効果で、10kgを切る車体重量を実現しています。

だから軽くて速いんですね。

独自のフレーム構成が乗り心地の良さを実現

ジャイアントはクロスバイクのESCAPE AIRでもそうですが、価格帯を考えると「あり得ないほどの走行性能の高さを実現してくるブランド」です。

高い走行性能が実現できるのは、独自の押出成形技術によって作られたフレーム構成。

エントリーモデルなのに10kgを切る車体重量を実現しているのも、フレーム構成の技術が高いからで、イディオムも軽いだけではなくてしっかりとした剛性も維持しています。

そのため、スピードを出しても安定していて、疾走感を楽しむことができます。

輪行(携帯)しやすい

ハンドルが折りたたみできるのもイディオムの大きな特徴です。

  • 室内保管するとき
  • 車に乗せて携帯するとき
  • 電車で輪行するとき

保管や持ち運びのときに便利です。

10kgを切る軽さもあって、力がない女性でも簡単に折りたたんだり組み立てたりすることができます。輪行するときに担ぐのもそこまで重くありません。

「軽井沢のような避暑地に車で運んで、新緑の中を持ち前のスピード性能で颯爽とサイクリングする」なんてシチュエーションも最高ですね。

スポンサーリンク

GIANT IDIOM(ジャイアント イディオム)のデメリット

10万円を切る価格でのパフォーマンスとして、あまりデメリットはないのですが、唯一気になる点をご紹介します。

長く使い続けるとハンドルがブレやすくなる

これは折りたたみの仕組み上しかたないのかもしれませんね。

長く頻繁に乗っていると、最初のころよりハンドルがブレやすくなります。

普段の何気ない走行では気が付かないレベルなのですが、スピードを出して高速走行したときに、ハンドルがブレるような挙動をしやすくなります。

もちろんそれでバランスが悪くなったり不安定になったりすることはありません。

私が長く自転車に乗っているからこそ気づくレベルではあるのですが。

スポンサーリンク

速さを追求するならイディオム0(IDIOM 0)

イディオム0

ミニベロで速さや走行性能を追求したいならイディオム0(IDIOM 0)もおすすめです。

コンポーネントが「SHIMANO TIAGRA」とロードバイクにも搭載されるコンポを使っているし、カーボンフォークやカーボンシートピラーを装備しているので、高速走行時の安定感も実現しています。

イディオム1より価格帯が一段上の分、使われているパーツやフレームのレベルもひとつ上の構成です。

純粋に「走り」を比較すればイディオム0が上。

ドロップハンドルでいろいろなライディングポジションがとれるので、純粋に速く走って走りを長く楽しみたい人にはピッタリのミニベロです。

もちろんミニベロの取り回しの良さは健在なので街乗りで乗ってもストレスなく気持ち良く乗ることができます。

スポンサーリンク

ミニベロ初心者にはイディオム1(IDIOM 1)がおすすめ

ここまで、ジャイアントのミニベロ「IDIOM(イディオム)」についてご紹介しました。

まとめとして、初めて乗るミニベロなら「イディオム1(IDIOM 1)」がやっぱりおすすめです。

  • 8万円という値段の安さ
  • 走行性能の高さ
  • 取り回しの良さ
  • 10kgを切る軽さと携帯性

どこを見ても8万円という価格にしては高いレベルで備えているので、初めてのミニベロならイディオム1を購入しておけば間違いはありません。

ミニベロの魅力にどんどんハマっていくはずです。

実際にイディオム1で走ってみた感想は「軽くて速い!」

売りにしている特徴そのものなのですが、ミニベロにありがちな「もったりした印象」が一切なくて、走り初めの爽快感はロードバイクのような感じ。

ロードバイクやクロスバイクのような大きいタイヤだと、若干取り回しが悪くなって気軽さが落ちますが、ジャイアントのイディオムは気軽さがあって速さもある自転車。

8万という価格で、ここまでの乗り心地の良さと速さを実現できるミニベロは他にはないと思います。

ハンドルが折り畳めるというメリットと同時に、長く使うとブレやすいというデメリットもありますが、それでも初心者には間違いなくおすすめできるミニベロです。

アウトドア、キャンプ、旅行に携帯して、現地を散策するのもいいし、普段の街乗りにも最適。走行性能が高いのでロングライドもOK。

色々なシーンで乗る機会があるので、自転車がより身近な存在になりますよ!